大阪府堺市浜寺昭和町と熊野町でピアノのレッスンを子供から大人までできるクラヴィーアクラッセ音楽院

ブログ
Blog
ブログ
様々なカテゴリーで日々の事をお伝えしています
RSS

この瞬間を待ってました!

カテゴリ : 夢を叶えるレッスンブログ
1年間、リトミックで音楽遊びのG君。
ピアノに興味がなくて
お家でも触らない。
レッスンに来てもいや~~って。

お母さまも、私たちも我慢がまん。。。

でも、やっと最近
鍵盤で動物ごっこ遊びや
鍵盤の端から端まで指で追いかけっこしたり。
それとは別に音符の色塗りしたり、
ドレミで歌ったり。

レッスン時間にいろんなことを散りばめて
楽しく過ごし、
音符のドレミが読めるようになり
鍵盤でドの位置を覚えました。

さあ、チャンス到来!

お母さまにもお家でドの位置見つけたり
ドレミを弾いてみようねと宿題を出しました。

次のレッスンで教室に入ってくるなり
楽譜を広げて「ぼく ひけるよ!」って。
お~~すご~~い、10曲くらい
スイスイって弾いた。めっちゃ嬉しそう。
やったね!

褒めまくったら、もっとやってくるって。
本人も、お母さまも先生も嬉しい
瞬間が訪れました。
これから楽しいピアノの世界が広がりますよ~


2023-07-23 00:03:09

嬉しいプレゼント!

カテゴリ : YOKOの徒然日記
娘家族が沖縄へ遊びに行ってきて
小5の孫のひまちゃんが
お小遣いで素敵なBOOK MARKの
お土産をプレゼントしてくれました。

土産物店で時間をかけて探してくれたそうです。

私は子供の頃から本が大好きで、
今でも毎日本を読んでいます。

ひまちゃんも本が大好き
いろんなジャンルの本を読んでいるので、
とても物知りです。

ひまちゃんは
私のことを「よこさん」と呼びます。
3歳のあお君は「よこ~」と呼び捨てでしたが
最近は「よこたん」に変わりました(^_-)-☆

娘夫婦は「ようこさん」と呼んでくれます。

教室では先生と呼ばれるので
「お・ば・あ・ちゃん」って言葉とは無縁です(^^♪


2023-07-21 00:36:45

イグナツ先生 煉瓦館リサイタル

カテゴリ : 夢を叶えるレッスンブログ
大阪泉南郡熊取煉瓦館交流センター
煉瓦館コットンホール
煉瓦造りのとてもレトロなホールです。
イグナツ・リシェツキ先生のリサイタルが
行われました。







リシェツキ先生が20代半ばの頃からの
親交なのでもう15年以上は経っているいるかしら。
大阪にいらっしゃる度に生徒たちにも
レッスンして下さるので
どれだけ私の指導力や耳力、感性の成長に
役立っているか。

本当にお陰様です!
今日の演奏も最高でした。

超弱音から超強音まで
彼のハートとテクニックから
生まれた音たちが
聴衆の心を魅了しました。

中でもバッハ=ブゾー二 シャコンヌ
が圧巻でした。
ピアノでここまで表現できる???
凄いです!!

小3レッスンしていただきました。
バッハ/アレグロ  シューマン/初めての悲しみ


2023-07-19 07:52:53

ピアノで使う脳「注意力」③

カテゴリ : 夢を叶えるレッスンブログ
道を歩くとき、うつむいて足元だけ見て歩くと、
前から来た人や電信柱、横から飛び出してきた
自転車等にぶつかってしまいます。

といって前ばかり見ていると
足元の石につまづいたり、
穴に落ちたりします。
全体に注意を向けながら、歩きますね。

ピアノを弾くときも一緒です。
五感を働かせて、いろいろな情報を読み取って
いきましょう。

丁寧に詳細まで情報をキャッチする能力を
磨くことは、生きていく上で、とても役に立つ
能力だと思います。

そして大雑把な情報をキャッチしていると
大雑把な脳の神経回路網になりますし、
注意力を働かせて詳細な情報までキャッチする習慣を
付けると繊細な神経回路網になります。
日頃の積み重ねですね。

ピアノレッスンを通して
是非習得して頂きたい能力です。



2023-07-16 21:36:41

ピアノで習う脳「注意力」②

カテゴリ : 夢を叶えるレッスンブログ
音の高低、リズム、休符、指使い、
スラー・スタッカートなどの奏法記号、
強弱記号も付いていますね。

そしてこれらが右手左手、別々についていますよ。
どんどん上達してくると、
この曲はどれくらいの速度で弾くのか、
どのような表情を付けるのかを
説明した記号やペダル・・・
といったように一目では把握できないほど
たくさんの情報が楽譜に載っています。

音を出さずに隅々まで丁寧に楽譜を
読むことも大切ですね。

生徒に新しい曲を渡すとき、
この中で知らない

記号ある?と質問します。

知ってる記号と知らない記号の見分けのつく子と
隅々までちゃんと調べられず、
見落としの多い子もいます。

これも積み重ねで注意力がが付いてきます。

そして知らない記号は
大きい生徒は自分で辞典で調べて記入。

小さな生徒もわたしが教えた言葉を
メッチャ大きい字で書きます。
「ふおるて」(笑)



2023-07-14 23:03:44

前へ 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 次へ